ハーブを選ぶ瞬間から癒しがはじまる。

ハーブティーを飲んでると
心と体の声をキャッチできるようになります。

 

ハーブティーを買う時って、
どのブレンドにしようかな?
どの効能のハーブがいいかな?
って考えますよね。

それは、

私の体調って今どんな感じ?
私は何が辛いの?
私はどうなりたい?
どんな気持ちを味わいたい?って、

今、何を感じているのか
今、何を望んでいるのか
自分に問うということです。
=自分の心と体の声に耳を傾ける ってこと。

他人の目を気にし過ぎたり
頭でグルグル考えちゃう人は特に。

自分の内から発する声に鈍感になっているので
ハーブティーを選ぶだけでも
自分への癒しがはじまります。

ここで大切なのは
ハーブが不調を治してくれるわけじゃないってこと。

ハーブはあくまでもサポート。
自然治癒力を引き出すお手伝いをするだけ。
すでに自分の内にある偉大な力を、自らが思い出すためのアイテム。

これはハーブに限らず、
医者や薬やスピリチュアルなどにも通じますが

医者や薬があなたを治してるんじゃなくて
医者や薬は自然治癒力のサポートをしているだけ。

スピリチュアルもそう。
パワーストーンとか引き寄せとか
それ自体が自分を幸せにしてくれるわけじゃない。
幸せって、1人で勝手になるものですから。

ここを勘違いすると何かに依存してしまう。

せっかくのサポートもとりこぼしまくり。

 

自分には何の力もない。んじゃなくて
自分の中に全てが在る。
って事を母なる大地のエネルギーであるハーブが
潜在意識を通して教えてくれるんです。

女性は感受性が強い。
男性より、女性の方がハーブティー好きな人が多いのは
ハーブの繊細な香りや色、味、見えないチカラ。
そういったものを五感でキャッチするのが女性が得意だから。

本当は、自分の中に全てが在ることをみんな知っているんです。

関連記事

  1. 夏バテ予防のスパイス料理

  2. すっきりお通じのお役立ちハーブ

  3. 体の内側からの紫外線対策はハーブティーにお任せ!

  4. ハーブに学ぶ 世界の見え方

  5. ココロの飲むサプリ

  6. ココロと美肌に深呼吸